縁切りクラック・・・縁が切れてクラック?どゆこと?

query_builder 2022/02/28
ブログ





住み良いお家へリフォーム!



ひかり住建横浜 戸塚の坂本です。

前回ブログ

『さすがにまずい・・・構造クラック』続きです。

本日のお題は


『縁切りクラック・・・縁が切れてクラック?どゆこと?』

ずっとこの4週間クラックの話ばかりしていますが、これでひとまず最終回です。


●縁切りクラック


縁切りクラックとはなんぞや・・・?

どんな時に起こるクラックかといえば、

塗装作業は通常一面ごとに終わらせるのですが、

何らかの理由で作業の中断をした時に、

塗装の時間差ができると生じる、

塗料の状態の不一致が原因で起こるクラックです。

通常の場合、モルタル外壁やコンクリート外壁では、この縁切りクラックを予防する為一度に一面を仕上げようと作業に取り掛かります。

普段、天気予報などを見て作業はしています。が・・・。

それでも急な雷雨や強風などによっては、

作業を中断せざるを得ない状況も発生します。

また、塗り残しに気が付いた場合に塗り直すことでも縁切れは発生します。

一般的に縁切れは横や縦に一直線になることが多く、クラックが起きると広範囲になる恐れがあります。

短期間の時間差例えば、一日〜二日の塗料の時間経過による不一致であれば、

そこまで塗料に新旧の差はありませんので、

クラックも起きにくいです。

しかし一ヵ月、二ヵ月した後・・・、またさらに古い塗装での塗り直しなどは塗り直しをした繋ぎ目から、クラックの入る可能性があります。

よく見かける例としては・・・。


古い窓の交換工事などでモルタル壁を壊して取り外し、取り付け後に部分的にモルタルの補修をすることがあります。

その時に補修部分だけを塗装すると、塗装をした時期に時間差のある状態です。

まさしく縁切りクラックが発生し易くなる状態なので直してすぐにヒビが入る原因の一つです。


せっかく直したのですが、塗装の繋ぎ目からひび割れが入ってしまっては勿体無いですね。

なるべくであれば、一面の塗装をしておくのが縁切りクラックの予防には最適です。



ひかり住建 

外壁アドバイザー 坂本でした。


弊社ひかり住建はお客様に寄り添い、


信頼して頂く事で、 長いお付き合いが出来たらと考え、

日々施工、営業に勤しんでおります。


横浜・戸塚を中心に皆さまのリフォームなど、

お家の事をなんでもお手伝い!


      株式会社ひかり住建


お家の事で気になる事がありましたら

      こちらから

👇お見積り、お問い合わせ下さい 👇



NEW

  • 工事の大小関係なくご連絡ください!!

    query_builder 2024/01/31
  • 新年あけまして、おめでとうございます!!!!

    query_builder 2024/01/04
  • 工事の本質を(棟板金Ver,)

    query_builder 2023/10/11
  • 工事のタイミング

    query_builder 2023/01/30
  • あけましておめでとうございます!!!

    query_builder 2023/01/05

CATEGORY

ARCHIVE