棟板金て交換しなきゃダメ?

query_builder 2022/06/11
ブログ

皆さんこんにちは!!

横浜営業の加藤です(^^)


よく、お客様から

「この前、変な業者さんに屋根壊れてますよ?と言われて心配なんだけど、、、屋根の棟って交換しなきゃダメなの?」

という言葉をよく聞きますが、、


現在の棟の状況によっては交換は

必要となります!


そもそも、棟板金という箇所は

このグレーの板金部分で、

屋根のトップの箇所のことを言います。


棟板金の仕組みは

写真のように、

屋根材の継ぎ目を貫板で固定をし、

その部分を板金で覆っている箇所のことを言います。

つまり、屋根のトップとなります。


この部分が劣化している状態とは

写真のように打ち付けている釘が

内部の貫板が腐敗してきていることで

抜けてきている状態のことを言います。


この状態を放っておくと?



釘が抜け落ちて、棟板金が浮いてきます。


そして、台風などの強い風が吹いた際に、、


最悪の場合、写真のようにとなり近所に

板金が飛散してしまう事態となってしまいます。


こちらは神奈川県川崎市のお客様ですが

飛散した箇所をよく見ると



貫板が腐ってしまっていることで

打ち付けていた釘ごと風で吹き飛ばされていました。


こちらのおうちは築30年以上で

建ててから一度も棟を交換していなかったそうです。


皆さんも、

現在の棟や屋根の状態が気になる方は

お気軽にお問合せください!

調査は無料で行わせて頂きます!

【★ドローン撮影も無料で行わせて頂きます★】


是非、ご連絡お待ちしております!


ひかり住建の加藤でした!

NEW

  • 工事の大小関係なくご連絡ください!!

    query_builder 2024/01/31
  • 新年あけまして、おめでとうございます!!!!

    query_builder 2024/01/04
  • 工事の本質を(棟板金Ver,)

    query_builder 2023/10/11
  • 工事のタイミング

    query_builder 2023/01/30
  • あけましておめでとうございます!!!

    query_builder 2023/01/05

CATEGORY

ARCHIVE