乾燥クラックなんでなる?まずいの?

query_builder 2022/02/14
ブログ
KAZUKI2021013_TP_V

住み良いお家へリフォーム!

ひかり住建横浜 戸塚の坂本です。


前回ブログそのままにすると怖い?ひび割れ』の続きです。

本日のお題は

乾燥クラックなんでなる?まずいの?』

●乾燥クラック


モルタル壁やコンクリートは、乾燥収縮によるヘアクラックが出ることがあります。

モルタルやコンクリートは水を使用した湿式工法(セメントに水を混ぜてやるあのイメージです)で施工されているため、クラックが多くみられ易い外壁材です。

モルタルやコンクリートの宿命ともいえる特性で、

施工の乾燥過程で水分が蒸発すると収縮が起こり、ヘアクラックを生じさせます。

これがいわゆる乾燥クラックです。

また、年数が経った後も湿気、寒暖の差で膨張と収縮をしたりしています。

その時に細かなひび割れが入ります。

入ったヒビの大きさが、

幅0.3mm・深さ4mm以下のヘアクラックであれば、

構造体内部に影響があるわけではありませんので特性だと理解し、

ご安心ください。

ここまでは、ヘアークラック・乾燥クラックと解説してきました。

これが、すぐに建物内部に影響が出るか?と言えば、

そのままにしてしまうと劣化が進んでしまい外壁の痛みに繋がるので、

補修を検討する段階でした・・・。

次回ブログは『さすがにまずい・・・構造クラック』



横浜本社 坂本でした。


弊社ひかり住建はお客様に寄り添い、

信頼して頂く事で、 長いお付き合いが出来たらと考え、

日々施工、営業に勤しんでおります。


横浜・戸塚を中心に皆さまのリフォームなど、

お家の事をなんでもお手伝い!


      株式会社ひかり住建


お家の事で気になる事がありましたら

      こちらから

👇お見積り、お問い合わせ下さい 👇


NEW

  • 工事の大小関係なくご連絡ください!!

    query_builder 2024/01/31
  • 新年あけまして、おめでとうございます!!!!

    query_builder 2024/01/04
  • 工事の本質を(棟板金Ver,)

    query_builder 2023/10/11
  • 工事のタイミング

    query_builder 2023/01/30
  • あけましておめでとうございます!!!

    query_builder 2023/01/05

CATEGORY

ARCHIVE